ホームアプリを「ADWLauncher EX」に変えたら003SHが復活した

私の現在の携帯は、ソフトバンクの003SHです。スマホが急速に普及し始める初期の機種で、購入して丸2年になろうとしています。

当時の全部入り機種も、今やCPUやメモリが非力なせいか、アプリ画面からプリインストールのホーム画面に戻ると、しばらくフリーズするという現象が頻発するようになりました。急いでいる時にフリーズしたりすると、壁に投げつけたくなります。

我慢の限界に達したので、ホームアプリを「ADWLauncher EX」を試してみたところ、高機能なのにサクサク軽快なので、速攻で乗り換えました。

スポンサーリンク

サクサク動く

それまでの純正ホームアプリにあったようなフリーズはほとんどありません。

高機能・高カスタマイズ性

あらゆる動作や表示がカスタマイズできます。多すぎて全然把握できていませんが、以下に個人的お気に入りの機能を2点。

設置できるアイコンの数が変更可能

最近のホームアプリでは当たり前なのかもしれませんが、純正アプリは1つのホーム画面につき縦4×横4個しかアイコンが設置できませんでした。

ADWLauncher EX は、縦・横それぞれの数を変えられるので、見やすさとの兼ね合いを考えて、縦5×横4にしています。もう少し増やせそうですが、ホーム画面がゴチャゴチャするのもなんだかなと思うので、これくらいがちょうどいいと思っています。

ドロワーは縦5×横5にしています。

ジェスチャー

上下のスワイプやピンチイン・ピンチアウトなどに機能を割り当てられるので、よく使う操作を割り当てて効率を上げることができます。

デザインがいい

最近のアップデートによって、デフォルトのテーマはAndroid 4.0 以降を踏襲したUIデザインとなっており、Android 2.3 の003SHとしては、なんちゃって最新OSの気分で操作できます。

テーマは他にも無料のものから有料のものまでいろいろ選べます。

まとめ

ADWLauncher EX に変更したことで大きなストレス要因がなくなり、いじる楽しみが戻ってきました。ホームアプリ一つでこうも変わるとは。

2年経ったらどうせ変えるからと放置していたのですが、もっと早く変えるべきでした。もうすぐ端末を変えるつもりなので遅きに失した感は否めませんが、重い作業をしなければまだまだ現役でいけそうです。

ちなみにUIは英語です。各項目の意味などは以下の記事が詳しいです。

高機能なくせに軽快なADWLauncher EX は、スペックが低いスマホはもちろん最新のスマホにも、ホームアプリの有力候補としてオススメします。

ADWLauncher EX
AnderWeb
価格:238円  平均評価:4.3(24,909)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*