レース用シューズにadidas『adizero Japan 2』購入

1470-01

しまだ大井川マラソンが近づいてきましたが、今使っているシューズは走行距離がかなり長くなってソールも削れているので、決戦用シューズとしてadidasの『adizero Japan 2』を購入しました。

スポンサーリンク

ファーストインプレッション

サイズは24.5cmでちょうどよかったです。足の実測は23cmです。

実測の重量は386gでした。参考までに今持っているシューズの使用済み状態での測定結果も載せておきます。

  • adizero Mana 5 (24.5cm): 390g
  • アシックス ゲルフェザーグライド (25.0cm): 400g
  • プーマ モビアム (25.0cm): 435g

現在メインで使っているシューズが、ゲルフェザーグライドとモビアムなので、軽く感じます。

履いて最初に感じたのは、つま先側のソールが薄いということ。まっすぐ立つとつま先が浮くくらい。これはしっかり前傾してこそ生きてくるということでしょうか。

ソールは固めかも。でもMana 5とそんなに変わらないかな。

靴紐は普通に結ぶとかかとのホールド感が頼りないので、いつもやっている最後に輪っかを作って結ぶ方法を採用しました。

1470-02

10km走ってみて

初めはつま先側のソールの薄さに戸惑いましたが、すぐに慣れました。走っている中で違和感はなく、しっかりフィットしていい感じです。

軽さと反発力のためか足上げが軽く、いつもよりスピードが出た気がします。速いほど走りやすいのかもしれません。

あとがき

特に問題はなく、本番で使えそうです。

24.5cmって実店舗では在庫が無いことが多く、ネットで買うことがほとんどなので、届いて履いてみるまでドキドキします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*