第35回豊田マラソン レポート

1440-01

地元ということで3年連続の出場となった豊田マラソン(11/16)のレポートです。

スポンサーリンク

しまだ大井川マラソンから3週間なので、エントリー時は足の回復具合が心配だったのですが、実際は思ったよりダメージが少なく、10日前くらいには通常通りの練習ができるようになっていました。

そんなわけでコンディションは悪くなかったので、今回は55分切りを目指してレースに臨みました。

時系列

1440-02

会場は豊田スタジアム。8:35頃に受付。スタートが10:45なのでしばらくやることがなく、日が当たるところでぼ~っとしていた。

9:50頃に適当に席を見つけて、そこで装備の準備をしたりのんびりしたり。

10:10頃、トイレへ行く。

そしてウォーミングアップ。スタジアムを1周。ここで靴紐の調整とストレッチもやった。今回はスタートからペース速めでいくつもりだったので、ここで筋肉に刺激を与えておくために速めのペースで走った。

席に戻って着替えて装備を整える。10:25頃、受付時にもらったバナナと水とVAAMを食す。そしてスタート地点へ。

Dブロックはかなり後ろだった。時間がけっこうギリギリだったので、数分待つくらいでスタート。

スタートラインまでは2分30秒ほど。序盤からとばし気味で行く。ウォーミングアップが効いたのか、足はかなり軽い。かなり調子はよさそうだけど、時計を見て5分10~20秒あたりだったら多少抑えて上げ過ぎないように走った。

息が上がらない程度に快調に進む。今回はスプリントなので人の間を縫っていく。

上り坂は回転重視でちょこちょこ走った。上は見ないように。

平成記念橋の上り始めで5km、まだまだ余力があるので、ペースがいい人について行く。ここもちょこちょこと上っていく。ていうかこのあたり道幅が狭くて走りにくい。

7km地点の給水所はスルーした。特に喉の渇きはなかったので、残り3kmはなんとかなるし、いいリズムを崩したくなかった。

8km通過したところでもう一段ペースを上げた。あと2kmくらいなら多少の無理はできる。これは5kmタイムトライアルでそこそこ粘れるという経験をしたおかげ。あと、曲がりなりにもフルマラソンを3回走っているので、フルに比べたら大したことないと思うようにした。

いいペースを継続。体に異変はまったくない。

豊田大橋をもう一度渡ってあと1km、ここでラストスパート。みんな内側に寄っているので、外からどんどんまくる。なかなか爽快。ラスト1kmから誰かに抜かれた記憶が無い。コーナーは遠回りになるけど、内にいると詰まってしまうので、結果的にこちらのほうが早かったはず。もう少し内に寄ってもよかったかもしれないけど。

ラスト数100mでさらに上げる。そのまま全力でゴール。スパートをがんばったので、ゴール直後はさすがにそこそこ疲れた。

記録はネット51分54秒。55分の目標をかなり上回る結果となった。

分析・感想

1440-03

最後まで駆け抜けた会心のレースでした。1kmごとのラップタイムを見てみると、きれいにビルドアップできています。

ラップ ラップタイム
1 5:41
2 5:31
3 5:27
4 5:21
5 5:08
6 5:18
7 5:05
8 4:54
9 4:35
10 4:07

特筆すべきなのは最後の2km。8~9kmが4分35秒、9~10kmが4分07秒。今までに見たことのない数字が並んでいます。こんなペースで走れるなんて自分でびっくりです。

これは別の見方をすると、普段の練習ではかなり余裕のあるペースで走っていたということになります。練習と本番では準備の差があるし、レースだから出せる速さもあると思いますが、それにしてもペースが違いすぎる。

これからのポイント練習ではもっと追い込もうと思います。自分はもっと出せる。それがわかったことは今回のレースの収穫です。

あとがき

しまだ大井川マラソンは残念なレースになってしまいましたが、このレースで気持ちいい走りができて溜飲が下がりました。走力はちゃんと上がっているということが分かって安心しました。

最後に大会のスタッフ、ボランティア、沿道で応援してくださった皆さん、大会を作り上げ盛り上げてくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*