夏のランニング 紫外線対策②~ウェア~

夏のランニングの紫外線対策、今回はウェアについて紹介します。

スポンサーリンク

ウェアでの対策の利点としては、物理的に紫外線を遮ることができるということや、日焼け止めを塗る手間を省けるということが挙げられます。

欠点としては洗濯物が増えるということでしょうか。

アームカバー

腕は腕振りをするにしても基本的にはほぼ同じ向きを維持することになります。したがって何の対策もしていないと上を向いている側が大変なことになります。

そこで私はアームカバーをよく使います。

夏にアームカバーとか暑そうと思われるかもしれませんが、吸湿速乾素材のものを使えば意外と気になりません。

吸湿速乾素材は汗をよく吸って、走っていて受ける風で汗を蒸発させます。その際の気化熱によって温度が下がります。打ち水と同じ効果です。

むしろ何も付けていない時より涼しいかもしれません。加えて直射日光による疲労感も防ぐことができます。

adidas クライマクールチル アームガード

私が使っているアームカバーの一つは、adidasの「クライマクールチル アームガード」です。

こちらはちょっと特殊なもので、中に吸水素材が入っていて、水で濡らして使うというものです。その素材が水分を貯める役割をするため、気化熱による温度低下効果が長時間持続します。

けっこう気に入っているのですが、もう販売していないようで残念です。1着しかないのに…。

おたふく手袋 ボディータフネス 冷感 パワーストレッチ アームカバー

もう1着が最近購入した安物のカバーです。何でどこのものかよく分からない安物は商品名が長いんでしょうかね。検索対策かな?

色は白にしました。黒は光を吸収して熱くなるので。

冷感機能が謳われていますが、特別涼しいかというと「普通」ですかね。汗で濡れ始めると先述の気化熱効果はあります。

サイズがフリーしかなくて普段Sサイズの私にとっては少し大きいです。

次買うならC3fitやCW-Xあたりを試したいです。

カーフカバー、ゲイター

ふくらはぎのカバーです。いろいろな呼び方があります。どれがメジャーなんだろう?

本来はふくらはぎのサポート用のウェアですが、UVカット機能があるものも多いです。

ショートパンツにカーフカバーだと膝が露出するため、そこには日焼け止めを塗ります。

C3fit インスピレーションゲイター

私が使っているのは、C3fitの「インスピレーションゲイター」。

生地が薄く着圧もほどほどで履き心地がいいです。履きやすい、脱ぎやすいのもポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*