PCを起動するたびに時計がリセットされる現象に対処

855-00

かなり前に買ったPCが、起動するたびに時計がリセットされるようになったので、その対処をしました。結論から言えば、マザーボードのボタン電池を交換しました。

スポンサーリンク

原因はマザボのCMOSの電池切れ

調べると、マザーボードにあるCMOS用のボタン電池が切れたことが原因のようです。

CMOSにはBIOSの設定情報が保存されています。CMOSはデータの保存のために常に通電している必要があるのですが、そのためのボタン電池が切れたため、PCの電源を切るたびに設定情報が消えてしまっていたようです。

というわけで、ボタン電池を交換しました。

電池交換

使われている電池は、「CR2032」という種類のボタン電池が一般的で、今回の場合もCR2032でした。

念のため電源ケーブルを外して、ケースを開けて電池を探します。最初なかなか見つからなくて、これは例外的なやつかと不安になりましたが、縦に取り付けられていました。

近くにコネクタとかメモリとかがあって手だけではうまく取れず。ペンチを使って慎重に取り外しました。この時、どのように取り付けられていたかや、電池の方向をメモするなどして覚えておいたほうがいいです。

そして新品に交換。

ケースを閉じて電源ケーブルをつないでPCを起動すると、BIOSの警告が出たのでBIOS設定で時計をセットして再起動。すると今度は警告なく起動して、時計がリセットされていなかったので成功です。

BIOSの各種設定もデフォルトに戻っていたので、設定をし直して完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*