三菱東京UFJ銀行の合計記帳って何?

1096-01

これは知らなかった。。だからこの前記帳した時にまとめられてたわけだ。

ネットバンキングばかり使っていて、ATMや窓口はあまり使わないという場合、うっかりしていると面倒なことになります。

スポンサーリンク

合計記帳とは

三菱東京UFJ銀行では、しばらく通帳に記帳していないと、入出金記録がまとめて記帳されます。具体的なルールは以下の通りです。

  • 対象:3月・9月の月末営業日時点で、通帳に記帳していない明細が一定件数以上ある口座
  • 実施日:5月・11月(第3土曜日)
  • 3月(9月)の月末以降、5月(11月)の実施日までに記帳すると合計記帳されない。

明細の発行は可能

合計記帳された場合でも、電話や窓口で手続きをすることで、その期間の明細を発行してもらうことができます。手数料は無料です。

私の場合

ある日久しぶりにATMで通帳記帳したところ、たくさん書かれると思ったらざっくりまとめられていて、その時初めて合計記帳の存在を知りました。事前の通知などはありませんでした。

通帳には下のように記帳されていました。
1096-02

入金と出金の件数と合計金額が、それぞれ一つにまとめられてしまいました。

対策

定期タスク作成

私はこれを採用しました。

3月(9月)の月末から5月(11月)の実施日までの猶予期間があるので、この期間内に記帳するタスク(リマインダー)を設定して実行すれば、合計記帳を回避できます。例えば、実行日を4月(10月)の頭に設定すれば、多少遅れても十分時間があります。

Eco通帳

三菱東京UFJ銀行の普通預金口座には、Eco通帳というサービスがあります。

Eco通帳では紙の通帳は発行されず、それまでに使っていた通帳も使えなくなります。その代わり、インターネットバンキングの三菱東京UFJダイレクトで最長25ヶ月の入出金明細を確認することができます(通常では最長2ヶ月)。

このサービスを使えば、わざわざATMへ記帳しに行く必要はなくなります。ただし、最長25ヶ月なので、1年に1回くらいは入出金明細をダウンロードしたほうがいいです。

まとめ

他の銀行でも同様の仕組みがあるようなので、あまり通帳を使わない方はチェックしてみてください。

インターネットバンキングに慣れてしまうとつい忘れがちになる通帳記帳ですが、対策を立てて面倒を防ぎましょう。年に2回ですし大した手間ではありません。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*