BlueStacksを使ってWindowsでKindleを読む

1550-01

BlueStacksはWindows上でAndroidを動かせるソフトです。活字のKindle本をPCで読みたいがために導入してみました。

スポンサーリンク

インストールは簡単。普通に進めていったら終わりました。

最初にGoogle Playを使う時にGoogleアカウントへのログインが求められるのでログイン。それに加えてBlueStacks側の「App Sync」という機能を有効にする必要があり、そこでも再びGoogleアカウントへログイン。この時、英語配列のキーボードになっているので、例えば@は [Shift+2] となります。

Google Playが使えるようになったら、まずは日本語のIMEをインストール。ホームアプリもついでに変更。そして目的のKindleアプリをインストール。ログインしたらそれで普通に自分のKindle本が読めるようになりました。

1550-02

Kindleアプリは起動が遅くて時々フリーズします。そういう時はタスクリストから強制終了して起動し直します。

本を開いた後のページ移動や範囲選択などは問題ないので、読書そのものはストレスなくできます。

日常的に使うかどうかはまだ分かりませんが、ひとまずPCでも活字のKindle本を読める環境ができました。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*