カスペルスキーのパッケージ版でライセンス更新

3年前に購入したカスペルスキーインターネットセキュリティのライセンスがいつの間にか切れそうだったので、安かったパッケージ版を購入して更新しました。

スポンサーリンク

購入したのは3年5台版。これが一番コスパ良いかなと。セキュリティソフトはカスペルスキーかESETが安い印象です。

中身はこんな感じ↓

今回はライセンスの更新なので、使うのはアクティベーションコードが書かれた用紙のみです。

まず管理画面を表示して右下の「ライセンス:残り○日」をクリック。

「アクティベーションコードを入力」ボタンをクリック。

購入したパッケージに入っている用紙に書かれたアクティベーションコードを入力して「アクティベーションコードを保存」ボタンをクリック。

これで完了です。残り日数が更新されていませんが、現在のライセンスの有効期間が切れると自動で更新されるようです。

現在複数のPCで使用しているのですが、それぞれでアクティベーションコードを入力しないといけないようです。

ちなみにこの作業をしていて気付いたのですが、今使っているバージョンは2年くらい前のものでした。ウイルス定義データベース等のセキュリティ関連機能は自動で更新されていますが、ソフトそのものは自動では更新されないようです。

最新プログラムをこちらからダウンロードして最新版にしました。

インストール手順には旧バージョンをアンインストールしてからという記述がありますが、しなくてもできました。再起動は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*