BackWPupで出たメモリエラー対策

このブログのバックアップには、BackWPupを使っています。自動でDropboxにバックアップしてくれるので助かります。

ところがある日を境に、エラーで正常にバックアップされない状態が続いたので、対策を講じました。

スポンサーリンク

エラー事象

ある日、BackWPupのログのメールに、以下のエラーメッセージが記されていました。

[ERROR]Allowed memory size of 36700160 bytes exhausted (tried to allocate 3439259 bytes)

どうしたことかとDropboxのバックアップ先を確認してみると、それまで30MBちょっとあったzipファイルが、9MBほどになっていました。中身を見てみると、9MBのほうは明らかにファイルが少ない。つまり、一部ファイルがバックアップされていない状態でした。

手動でバックアップを実行してみても、同じエラーが出て同じ結果になりました。

対策

エラーメッセージで検索してみると、どうやらPHPのエラーのようで、メモリが足りないからどうとか。PHPとか分からないんですが(´・ω・`)

分からないなりに調べてみて、見つけたのが以下のページ。

WordPress – Fatal error: Allowed memory size of bytes exhausted – OSTraining(英語です)

このページの対策1を参考にして、wp-config.phpに以下を追加しました。

メモリの数値は、参照ページでは128Mとなっていましたが、エラーメッセージで30数MBがどうこうと出ていたので、とりあえず64MBにしました。

この変更後、手動でバックアップを実行したところ、エラーは出ず、ファイルもすべてバックアップされていました。その後、自動バックアップも正常にできました。

バックアップデータのサイズがもっと大きくなった場合に大丈夫なのか、不安が残りますが、現状動いているのでひとまずこれでOKとしました。エラーになればまたメールで分かるので、そのとき考えます。

上記の方法でダメな場合、参照ページには他にもいくつか方法があるので試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA