ハートレートモニターのずり落ち防止策

1527-01

現在ハートレートモニターはPolarの胸につけるタイプを使っていますが、走っている時にずり落ちてくると、集中力が削がれますし、いちいち直すのが面倒です。特にレース中に落ちてくると非常に困ります。というわけで、私が取り入れているずり落ち防止策を紹介します。

スポンサーリンク

ずり落ちの原因は?

走る前の装着時はしっかり留まっているのに、走っているうちに次第に落ちてくることがあります。

これはどうやら走る動きの中で引っ張られてアジャスター部分でずれて緩んでしまうのが原因のようです。

1527-02

緩みを防ぐアイテム

そこで、アジャスター部分の緩み防止に活躍するのが「ゼムクリップ」です。紙を挟むためのアレです。ていうか正式名称がゼムクリップって初めて知った…。
1527-03

このゼムクリップをアジャスター部分に挟み込むことで、引っ張られてもクリップが引っかかってずれなくなります。
1527-04

1527-05

シンプルですが効果は抜群です。この方法を取り入れてからはずり落ちが激減しました。

あとがき

今回の対策をしてもたまに落ちてきます。なので手首で心拍数を測れる機能が付いたランニングウォッチに非常に興味があるのですが、高い買い物ですし現状では選択肢が少ないので保留中です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*