EvernoteのノートエディタでのTabキーの挙動

1288-01

テキストエディタで文章を作成する際、見やすくするためにタブを使うことがあると思います(半角スペースしか使わないという方もいるかもしれませんが)。

そこで今回は、EvernoteのノートエディタでのTabキーの挙動を紹介します。※Web版とWindows版で確認しています。

スポンサーリンク

通常入力:半角スペース5個

何も選択していない状態でTabキーを入力した場合、半角スペースが5個入力されます。

例外として、Web版にて行頭でその行に文字がない場合、なぜか半角スペースは4個になります。

選択状態で入力:インデント(デスクトップ版)

デスクトップ版にて文字列を選択した状態でTabキーを入力すると、選択した行のインデントが一括で増えます。逆に、Shift+Tabではインデントが減ります。

複数の行のインデントをまとめて変更したい場合に便利です。

Web版でやると、選択部分が消えて半角スペースが入力されるので注意です。

あとがき

Tabキーで入力されるスペースの数を変更できるといいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*